忍者ブログ

ふわっち 西川英樹 発達障害者の大公式ブログ 札幌市中央区 生活保護

https://whowatch.tv/profile/t:nishikawa_0214

生活保護の収入とポイントの扱いについて「はい論破」

京成杯:伏兵イエッツトを連下ヒモ付けで三連複的中
日経新春杯:ファンのロードヴァンドール激走!!馬連・ワイド的中
愛知杯:対抗レイホーロマンス、連下エテルナミノル激走!!三連複万馬券的中!払戻:¥16,650
シンザン記念:連下大型牝馬ツヅミモンが激走!ワイド的中
フェアリーS:完全敗北・・・
京都金杯:上位決着で順当に三連複的中
中山金杯:絶対的推奨穴馬10番人気ストレンジクォーク3着三連複的中!
東京大賞典:勝負の三連単ズバリ的中!!!!
ベテルギウスS:4、7、8番人気三連複万馬券完全的中!払戻:¥25,720
ホープフルS:連下8番人気ステイフーリッシュ激走!三連複万馬券的中!払戻:¥10,920

お気持ちで、ランキングのご協力もよろしくお願いします(ランキング欄のみに推奨馬を記載するとかコスいことはしませんので、ゆっくり記事をご覧くださいませ)。


競馬ランキング

2017年11月第4週~2018年1月第2週  競馬歴8週間の西川英樹生涯成績
三連複的中率22レース中13レース的中/59.09%
ワイド的中率22レース中17レース的中/77.27%

予想印や買い目は競馬用アカウントで身内だけに公開中 https://twitter.com/IDkeiba_N

https://twitter.com/nishikawa_0214

Amazon ギフト券のご支援は、
nishikawa-mmo@excite.co.jp
までよろしくお願いします!

贈り方
https://urutike.com/amazon-gift-send-4799

知識の浅い者が無知を晒したり、単純な疑問を持つ視聴者が後を絶たないので、収入とポイントについてまとめておく。

私は「ふわっち」というライブストリーミングサイトを利用し、ネット番組を放送し、「ふわっちポイント」を視聴者から乞食している。
商品購入時のポイントは値引き分として課税対象にはならないが、企業から報酬として得たポイントを電子マネーに交換すると一時所得の扱いを受けるため、50万円の特別控除があり、50万円を超えた金額の半分が課税対象なのである。
ちなみに、個人から頂くものは贈与。金額の扱いは、付与された時の額面で処理される。

ところが、ポイント収入について、確定申告する必要が現時点では一切無し。
なぜなら、法定調書の「所得税法に規定するもの」に定められる43項目において、ネットのポイント収入について言及されていないからである。
ふわっちポイントに限れば、前述の通り、ポイントを得た時点では課税対象ではなく、現金や電子マネーに変えた時点で課税対象。そのうえで、50万円の特別控除云々という話となる。

次に、生活保護制度におけるポイントの扱いについて正解を教える。
制度上、小売店のポイントカードは物販購入時の値引き分として解釈され、何かの報酬として得たポイントは現物として扱っている。
現物においては、届出のあったものについて収入認定するかどうかを福祉事務所が組織的に決定するだけであり、電子マネーについては有価証券ではないので保護費から1円も減額されることがない。

当時のケースワーカー藤田氏が当初ウソを言っていたが、飲食代として換算できるシーチキンを視聴者から貰ったって、福祉事務所が市場価格を適正に調査することもなく、「主食・魚介にはあたらない」として収入認定されないのだ!

冗談はさておき、皆さんの感覚で「収入」と聞くと、現金を思い浮かべる方が多いだろう。
また、Amazonギフト券やWebmoney等の電子マネーについても、普通にお買い物が出来る金券のような物としてイメージするに違いない。

ところが、生活保護制度上では、使いみちが限定される収入については現物として扱うようになっている。
Amazonギフト券で家賃が払えるわけでもなく、安売りをしているスーパーで買い物が出来るわけでもない。
仮に、ある受給者が毎月の保護費を超える額のAmazonギフト券を得たとして、すべて生活保護費から減額したり、保護の停止状態にされてしまうと、そのような不都合が生じるため収入認定されない。

例えば、大阪市市長時代に生活保護改革に大失敗した橋下徹氏が実践してみせたように、大阪市が三井住友と癒着構造を作って3万円分の生活保護受給者用プリペイドカードを発行した際、希望者のみにしか配れなかった黒歴史がある。
これは、三井住友VISA加盟店でしか使えない受給者用プリペイドカードが「使いみちの限定される物」の側面を持つことから、行政側から一方的に全ての世帯に適用できないためであった(プリペイドカードそのものは有価証券)。
このマヌケな施策は、2000世帯利用を目標にしたが希望世帯65世帯に留まり、2015年度で事業そのものがひっそりと中止され、橋下徹元市長が残した負の遺産の象徴のひとつとなっている。

さて、私は昨年の6月に札幌市中央区役所福祉事務所にて、査察指導員を務めるサトウ氏とある合意を形成している。

いわゆる「ポイント収入」について、厚生労働省のガイドラインを互いに遵守し、受給者側は申告すべき項目について遡って実行し、福祉事務所側は速やかにガイドラインを提示する。

しかしながら、サトウ氏は私に言い負かされて以来サッパリ連絡をしてくれなくなり、福祉事務所側から厚生労働省の通達の写し等が郵送されてくることも一切なく、互いに合意のうえで録音までし合っているのに、無能職員によって公務と約束が放棄されたまま、ついに2018年を迎えてしまっている。

(無いなら無いで、連絡くらいはしろよ、雑魚。)

結果としては、これまで解説してきた通りの制度運用となっているので、私は受給者として事実確認に速やかに応じ、福祉事務所側は問題無しとして判断したからこそ口頭による指導もケースワーカーによる助言も皆無で、まるで音沙汰が無いわけである。


今後、税法上の改正や生活保護制度の運用変更があった場合は従うか、別の法の抜け道を探せば良いだけである。

脱法行為は、頭の格闘技。
知恵のある者が有利と言える。

PR

コメント

プロフィール

本名:
西川英樹
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1982/02/14
職業:
ナマポネットラジオパーソナリティ
趣味:
サッカー 競馬 他人の悪口
自己紹介:
前科三犯なので善い人間ではありません

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バーコード

P R