忍者ブログ

ふわっち 西川英樹 発達障害者の大公式ブログ 札幌市中央区 生活保護

https://whowatch.tv/profile/t:nishikawa_0214

おりもなぎ(平田明奈)さんに見る、隠れ発達障害

参考動画
http://youflix.is/detail/3T8JuQwdNg

元カノの話。

2018年4月15日追記
札幌市の大きな精神病院で本格的な問診と臨床心理士による長時間の検査の結果、以下の診断がカルテに記載されました。

・知的障害
・AD/HD
・双極性2型

また、本人が正確に症状や成長過程、社会不適合実績を伝えることが出来れば、PTSDと不安障害は確実に付くレベルです。

訓子府町高園268にある平田牧場の一人娘として生まれ、父から幼児虐待、母からの育児放棄に遭い、様々な不幸に接した33年間で、取り返しのつかない次元で病んでしまった人です。

ODを繰り返す過去を見ても分かるように、大量の飲酒を毎日すること自体がODの一環にあり、そこに気づけない方々が圧倒的に多すぎることに、私は個人的に「知性の欠片も無い、頭の悪い人たちばかりだな~」と他人事のように思うのであります。



ランキングのご協力よろしくお願いします


競馬ランキング

「役に立った」と思ったら、お気持ちでAmazonギフト券を乞食させてください!

贈り方
https://urutike.com/amazon-gift-send-4799

宛先 nishikawa-mmo@excite.co.jp

監修:西川英樹 (連絡先 080-8629-4553)

ネット越しに見ている方々にとっては、おりもなぎさんと何度も「くっついたり離れたり」を繰り返しているようにしか見えなかったと思いますが、私は一本の線で行動をしていました。

「私(西川)のことを他人がどう見るかと言うと、10人いたら2人くらいと仲良しになり、3、4人は拒絶反応を起こし、残りは静観して距離を取る」

これは、私の人間付き合いを説明している時に行なっているテンプレ文です。
自分が良いと思わない人間に対して、予めこちら側から仲良くなりたくない雰囲気を出しますし、なんとなく用事に誘われてもキッパリと断って自分の用事を最優先します。勝手に声をかけてきた相手が不快な思いをしても、私には関係ありません。
断る手間すらも面倒なので、「西川は危ないヤツだ」「アイツは気に食わない」等と思わせておいたほうがコスパが良く、万人に好かれる人間には絶対になりたくないということです。
一人でほとんどのことを思考して解決できる知性があるので、今までこの生き方で不自由した思いはなく、変えようとは一切思いません。

何か私にネガティヴな行為を与えてくれば、マヌケなヒモすけ被告が実例として何よりの証明ですが、警察を使ってハメて現行犯逮捕させる等々、そのレベルに応じて、その時の私の気分次第で何らかの実害を与えて、西川のオモチャになってもらえば良いだけです。
逆に、ネットに疎いリアルの関係しかない人間であれば、執拗な晒し行為で個人情報を拡散でもすれば良いですね(笑)
対人関係において私のほうが頭が良いことがほとんどなので、それは実践してみせたように、わりと容易なことです。

頭が悪い人間ほど、「逮捕される」とか「警察が動いたら」、「気をつけよう」等と言いますが、その負け犬の負け惜しみが最も快感です。
本当に共通しているんですよ。頭が悪くてムカつきまくってるヤツほど、そのような捨て台詞を言って自我を必死に保っているんです(失笑)

ただし、困っている人を見たり、自分を評価してくれる人間に対しては、その時の私の気分が向けば感情が動くこともあります。
要するに、気分屋です。
例えば、その時は気分が向いて熱心にサポートをしていても、私が何か新しい趣味や没頭したいことを見つければ、関心の対象がそこで切り替わってしまいます。
サイコパスなのかどうかは分かりませんが、傾向は見られるかなと思っています。
アスペルガー症候群の障害特性で複数を器用にこなすことは無理なうえ、ひとつのことに集中して取り組むので、邪魔な存在にもなり得ます。

これらの考え方、行動を「因果応報」と私は言っています。

さて、おりもなぎさんは「AD/HD」の傾向が非常に強く、幼少期に両親から虐待を受けて育ちました。
色々なネガティヴな不幸があり、自殺未遂を何度も繰り返した経験があり、二次障害もあることでしょう。
しかしながら、田舎のしょぼい精神病院では診断がつかず、健常者扱いをされてきました。福祉や医療によって放置されてきた「隠れ障害者」です。
自分のことを健常者だと思っている社会不適合者よりは、若干マシかなという感想です。
なお、成人して社会に溶け込めない、特定の人間関係しか築けない、仕事が続かない人は高確率で発達障害を抱えていて、専門医にかかるかどうかで、健常者と障害者の取扱の違いが生まれるだけで、本質的には同じ社会不適合者です。

私は一度目のお付き合いで「境界性人格障害」を疑いましたが、もっとよく観察をしようとも思いました。
発達障害や精神障害は本人が気付いて自覚するところがスタートであり、自分のことを健常者と思っている潜在的障害者ほど、自分も周囲も不利益になることが多いのです。

そして、二度目のお付き合いで彼女は札幌に引っ越し、私の自宅から徒歩2、3分の住所にアパートを借りました。私は駐車場のみを借りて、居住はレオーネビルと実家を気分で行き来することを勧めましたが、彼女の意思で駐車場付きの賃貸物件を契約していました。
彼女との共通の趣味を作るために競馬の予想を一緒にする等して信頼関係を回復し、精神科を受ける決断をしてくれるまでに至りました。

そこで役目は終わったと感じました。

私にも生活があり、自分のやりたいことが自由に出来ない生活は継続できません。
メンタルに悩みを抱えていて、それが原因で悪い人生を送ってきた一人の女性に対して、自覚するきっかけ、チャンスを作ったことがゴールです。

これは、私のファン、視聴者の方々に対しても同様のロジックです。
生活保護や発達障害について多くの方から様々な質問を受けますが、自分で福祉事務所に訊けば良いことには答えませんし、その人が困っていると言っていた事象の解決策を提示して、無事に解決すれば終結です。
そこで仲良くなって世間話をする仲に、ということはあり得ません。また必要な際に声をかけて頂ければ、その時に私が気分が向けば対応します。
私は自分のやりたいことが最優先で、アスペルガーなので一つのことに集中したいのです。

でも、冷たい人間ではありませんよ。
解決策を提示するまでは、自分の時間的リソースを使うのですから。
西川の知識や知能を利用したいならしてもらっても良いし、皇室の下に遠い親戚のように結ばれた日本人同士が助け合うべきだが、それ以上でも以下でもないのです。

以上、皆様がモヤモヤっとしている部分だと思うので、状況が落ち着いたところでご報告申し上げました。
私は特殊な考え方なので理解できるレベルの人は限られていると思いますが、知能テストだと思って、疑問に思った方は繰り返し読んでみてください(笑)
理解できたら、そこそこ頭が良いかと。それでは。



深夜に酔っ払って、複数の元交際相手に見境なく通話をかけまくる迷惑なゴミです。







まだまだ画像、いろいろあります。
なにかおかしなことしたら、報復あります。
PR

コメント

プロフィール

本名:
西川英樹
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1982/02/14
職業:
ナマポネットラジオパーソナリティ
趣味:
サッカー 競馬 他人の悪口
自己紹介:
前科三犯なので善い人間ではありません

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バーコード

P R