忍者ブログ

ふわっち 西川英樹 発達障害者の大公式ブログ 札幌市中央区 生活保護

https://whowatch.tv/profile/t:nishikawa_0214

ネット放送者に課金するということ

応援している放送者に何らかの支援を行なうことは各自の自由だが、一度立ち止まって考慮をするべきである。


私自身もネットで物乞いをする乞食雑談放送者であり、このような趣旨のエントリーは矛盾をはらんでいるが、やはりネット放送者にお金をかけることは後悔することが多い。
例えば、駆け出しの頃の放送者は大抵謙虚なもので、コメントも一つひとつ拾い、発言内容も無難だった人が、少し人気が定着し始めると態度が変わっていき、コメントも読まずに視聴者から金銭を巻き上げることに注力するようになることがある。
その際に、駆け出しの頃の純粋に頑張っている姿勢に投資した古参の囲いほど、「コイツに支援しなければよかった」と後悔してアンチ化していくのである。

従って、私は最初から自らを乞食だと自称し、考え方もハッキリと提示している。

お金の使いみちは人それぞれではあるが、ネット放送者に支援するということは、生活に余裕のある人が「その時、その瞬間、応援している放送者を喜ばせる金額」を投げるものだと考えている。
物乞いするほうはもちろん嬉しく感じるが、お金を使うほうも自分の意思で支援した満足感を得ることが出来るからだ。

なお、Amazonほしいものリストで乞食に成功すると、このことを体感できる。
いつも買ってくれる素敵な金主さんもいるが、数週間見て気に入ったからと数千円分のアイテムを支援してくれる、「ふらっと寄ってみたら良い店だったから、ついつい金を使った」というような新規の囲いが支援してくれることも多い。
それを乞食系雑談放送者は自身のネット放送で「こんな支援が届きました」等と紹介することで支援者の満足感をさらに満たし、次なる支援へと洗脳していく。

以上、ネット放送者に課金することを熟慮したうえ、このような図星な正論を潔く提示している、良い人すぎる西川英樹へ愛の支援をお願いしたい。

Amazonギフト券支援メールアドレス
nishikawa-mmo@excite.co.jp

PR

コメント

1. 考え方は正しい

初めまして。
ふわっちでハンドルネーム七番隊のものです。

書いている記事は概ね正しいと思いました。

ここで僕が提起したいのは、リスナー側の事象です。

>お金を使うほうも自分の意思で支援した満足感を得ることが出来るからだ。
 多くの人か少ない人かはわかりませんが、確かに満足感を得る方もいるのかも知れません。
しかし、満足感は個人的な満足感であって社会的満足感でもなければ非日常的な満足感でもありません。
 社会的・非日常的満足感は喜びや感動を与えますが、個人的満足感は自己中心的な一時的な満足感しか得られないと思っています。その一時的な満足感を持続させるために、狡猾な配信者は継続的に支援させようとするでしょう。

世の中には give&takeが一般的であると思っており、give giveだけもなければtake takeだけもないと思っています。
そういう点では西川さんは知識を切り売りしてアイテムを受け取っている、ふわっちには希少なgive&takeが成立している配信をしていると思っています。
クレクレだけじゃなく、give&takeが成立する配信する人が増えていくことを願っています。

西川さんに置きましては、今後も社会的弱者のための配信をしていって頂きたいと思っています。

くだくだ書いてしまいましたことをお許しください。

プロフィール

本名:
西川英樹
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1982/02/14
職業:
ナマポネットラジオパーソナリティ
趣味:
サッカー 競馬 他人の悪口
自己紹介:
前科三犯なので善い人間ではありません

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バーコード

P R