忍者ブログ

ふわっち 西川英樹 発達障害者の大公式ブログ 札幌市中央区 生活保護

https://whowatch.tv/profile/t:nishikawa_0214

ふわっち(Whowatch)はネット放送の概念を覆した

運営自ら「配信者は稼げる」を謳う「ふわっち」という配信サイトは、有名放送者の出稼ぎ先としての地位を確立した。
「アイテム」と呼ばれる換金可能な課金商品をリスナーが購入し、気に入った放送者に投げることで、運営と放送者が5割ずつの収益を得られる仕組みだ。



私、西川も利用してみて理解したが、結論は「ある程度のファンがいる配信者は稼げる」というものだ。
「ニコニコ生放送」や「FC2LIVE」と違ってコメントが見にくい仕様で、リスナーはログインしなければ書き込むことが出来ないうえに、ツイッターアカウントと紐付けするか電話番号を登録しなければならない。
当然、コメント欄は過疎気味になり、ブロック・削除機能も手軽に使用できるため、アンチコメントが滅多にこない。
アンチはどのみち投げ銭を入れないので、歌い手さんがファンを引き連れてくる等、何らかの特技がある放送者がアイテムを投げてもらう目的で放送する場合、無駄で邪魔で余計なコメントがほとんど来ないので都合が良い。

「ニコニコ生放送」をメインにランキングしてきた「ちくわちゃんランキング」の影響で、これまでのネット放送はコメント数が過剰に重要視されてきた。
この「ちくラン」は10分間のコメントユーザー数=アクティヴをランキング化したもので、コメント数が多いユーザーが上位に表示されるので、くだらないコメントを稼ぐ中身の無い雑談系放送者が過剰評価されてきた。

「ツイキャス」では閲覧数が重要視される傾向があるが、「嫌いな放送者が何か失敗するシーンを見たい」等といった感じで「嫌だから見る」というアンチリスナーも多数存在するのが素人のネット放送であり、やはり、無駄に閲覧数を稼ぐ炎上系や迷惑系の最底辺放送者が過剰評価されてきた。

「ふわっち」でも才能の無い放送者はコラボに走って寒い台本を組むか、迷惑行為や「警察呼ばれて神回」等という幼稚な放送に走るが、例えば、「鮫島」氏は異常に閲覧数を稼ぐがアイテム合計額が重視される「ふわっちポイント」は比例していない。

2017年5月マンスリーランキング(私西川は11日からの途中参戦)


「一回の放送の同時視聴者数は20~30程度だが、数名のファンから花火を大量に投げられていて月収20万~50万」という放送者が評価されるべきなのである。
もちろん、マンスリーランキング上位に入るような才能のある方々は月収100万以上を稼ぎ、閲覧数とふわっちポイントが正当に比例する形で結果を出されている素晴らしい放送者だ。

従って、コメント数がほしい放送者は「ニコニコ生放送」でやるべきであり、閲覧数を稼いで注目を浴びたい放送者は「ツイキャス」を選択したほうが良いだろう。
ネット放送の底辺と揶揄される雑談系放送者でも、どちらかのサイトで一定の「囲い」と呼ばれるファンを獲得できたら、「ふわっち」で稼ぐことが必ず可能である。
あるいは、ゲーム実況者は「OPENREC」に注目しているようだ。
なお、アダルトカテゴリーのある「FC2LIVE」は換金率3割だが、換金する際の手数料が数千円かかり、銀行振込までおよそ一ヶ月半以上待たされるので、実際はアダルト業者(FC2エージェント契約)がまとまった金額を稼ぐ場となっている。

いずれにせよ、「ふわっち」はこれまでのネット放送の概念を覆し、放送者の数に比べてアイテムを投げるリスナーが多いので旬を迎えていることは間違いない。
この変化に気づかない放送者は、「稼げない配信サイト」で趣味の放送を繰り返し、ヒマを潰していれば良いだろう。
PR

コメント

プロフィール

本名:
西川英樹
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1982/02/14
職業:
ナマポネットラジオパーソナリティ
趣味:
サッカー 競馬 他人の悪口
自己紹介:
前科三犯なので善い人間ではありません

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バーコード

P R